マックス・エルンスト

マックス・エルンストMax Ernst, 1891年4月2日 - 1976年4月1日)は、20世紀ドイツ人画家彫刻家。ドイツのケルン近郊のブリュールに生まれ、のちフランスに帰化した。ダダイスムを経ての超現実主義(シュルレアリスム)の代表的な画家の1人である。作風は多岐にわたり、フロッタージュ(こすり出し)、コラージュデカルコマニーなどの技法を駆使している。

f:id:kingswood:20160613205257p:plain